ベッキー【レベッカ】復活で本名告白!ところで【レベッカ】って誰?

この記事は3分で読めます

023bbd1b77efdfd6e301d4090c3ed289

最近本名を公表してちょっとした騒ぎ?になった
ベッキー

 

023bbd1b77efdfd6e301d4090c3ed289

 

事の発端は

「レベッカ、再結成か!NOKKOソロライブで復活!19年ぶり演奏披露」

のニュースが流れた事がきっかけ。

 

このニュースを見たベッキーがツイッターで

「私の本名と同じだからどきっとしました」

と綴り本名が

【レベッカ】

という事を告白。

 

しかしこれを聞いたファンからは

(今さら……)

(すでに知っているけど……)

(前から普通にレベッカって公表してたよね?あれ。)

などすでに知っているファンもいた。

 

でも、なんで

【レベッカ】が【ベッキー】なのだろうか?

 

     スポンサードリンク

 

ベッキー

 

本名 「レベッカ・英里・レイボーン」

神奈川県出身

 

顔を見ても分かる通り
母親は日本人、父親がイギリス人のハーフ。

 

子供の頃から芸能人になる事を夢見ていた彼女。

 

テレビ東京の【おはスタ】のマスコットガール
Ohaガール出身で同番組のポケモンの名前の英語バージョンを紹介するコーナー「ポケモン・ザ・ワールド」でデビュー

 

oha007

ここで彼女の人気に火が付き
その後は皆さんご存知の通り
テレビで見ない日が無いくらいの活躍です^^

 

 

レベッカがベッキー?

 

本名の「レベッカ・英里・レイボーン」

が「レベッカ」はポピュラーの女性の名前で

「Becky」はその略称という事だそうです。

 

ベッカ⇒ベッキー

 

分かるような分からないような気が……

 

まぁー良いでしょう。

 

今回の騒動?を受け本人は

 

無題bekki-

 

とさすがの切り返し^^

 

今度は是非

”別所絹子”

で活動して頂きたいものです(笑)

 

 

そもそも【レベッカ】って誰?

 

さて、今回図らずも

ベッキーのおかげで?で

大きな話題になった

【レベッカ】

とは、一体どんなグループなのでしょうか?

 

Z322019148

 

NOKKO(のっこ) : ボーカル
土橋安騎夫(どばし あきお) : キーボード、2代目リーダー
高橋教之(たかはし のりゆき) : ベース・プログラミング
小田原豊(おだわら ゆたか) : ドラムス(3代目)

の4人バンド

 

1984年4月21日 「ウェラム・ボートクラブ」でデビュー
1985年発売の4枚目のシングル「フレンズ」が大ヒット

 

当時のバンドブームにも乗り一躍人気グループとなった伝説のロックバンド。
その後も「RASPBERRY DREAM」、「LONELY BUTTERFLY」、「MONOTONE BOY」、「MOON」
などヒット曲を連発。

 

1991年に解散。

 

しかし、NOKKO(51)が10日、東京・六本木のビルボードライブ東京でソロライブを行い

「皆さんに一足早いクリスマスプレゼントがあります」と呼び掛けると、

キーボードの土橋、ドラムの小田原とサポートメンバーだったギタリストの是永巧一(52)がステージに登場。

 

ヒット曲「RASPBERRY DREAM」と「76th Star」の2曲を演奏。

約300人の観客のボルテージは最高潮に達した。

 

メンバーが一緒に演奏を披露するのは19年ぶりとなった。

 

今年デビュー30周年という事もあり

本格的な再結成に向けて計画が進んでいるとの事。

 

【ベッキーとNOKKOのコラボ?】

 

こんな事も、もしかしてあるかも?

 

まぁーないでしょうが^^

 

 

まとめ

 

兎にも角にも

ベッキーのおかげで更なる注目を集めた

【レベッカ)

 

再結成すればさらに脚光を浴びるだけに

今がチャンスなのかもしれません^^

 

ベッキーも歌手として活動してだけに

是非とも2人のコラボ。

 

楽しみにしております<(_ _)>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

====関連記事====

DAIGO 北川景子ドラマ共演が縁で熱愛!結婚も?【男性遍歴画像】

5か国語を操るイケメン俳優ディーンフジオカって?嫁 【画像あり】

【昼顔】出演 木南晴夏熱愛発覚!ワンオクのベーシスト・Ryotaってどんな人? 

朝ドラ 【マッサン】出演 元ももクロで女優早見あかりがブレイク!!

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

a
UA-50166622-2