相武紗季 「硝子の葦」で全裸に!?【画像あり】

この記事は3分で読めます


相武紗季がやってくれました^^

何とWOWOW連続ドラマW「硝子の葦 ~garasu no ashi~」に主演し

全裸を披露してくれました!!

 

と言ってもほぼ全裸ですが……

 

期待させてしまって

すみません<(_ _)>

 

さて

相武紗季

が体を張った

「硝子の葦 ~garasu no ashi~」

とは、どんなドラマなのか。。。。

 

気になります。

     スポンサードリンク

 

「硝子の葦 ~garasu no ashi~」

 

51I6y0WeN0L._SY344_BO1,204,203,200_

 

 

 

直木賞作家・桜木紫乃による同名ミステリー小説。

 

飲み屋にいた厚岸(あつけし)署の刑事が、

店を震わせる地震のような衝撃に驚き表に飛び出すと、スナックが燃えていた。

 

男が中に人がいると叫んでいた。

ガソリンをかぶって焼身自殺をしたかに思われたのは、主人公の幸田節子30歳。

 

節子は15歳のとき母の愛人であった47歳のラブホテルのオーナー幸田喜一郎と関係を持ち結婚。

しかし、会計事務所の所長である澤木昌弘とも関係を持ち不倫関係に。。。

 

節子は喜一郎に出資してもらい、性愛や虚無を歌った歌集『硝子の葦』を自費出版した。

 

ある日、不倫相手の顧問税理士・澤木昌弘とベッドをともにしていた節子のもとに、

喜一郎が運転する車が事故に遭ったという知らせが届く。

 

意識不明の重態となる。厚岸署の刑事は、不自然な事故に疑惑を抱いた

喜一郎は事故前に血液検査を受けていて、結果は芳しくないものだった。

 

そこへ節子の実母・藤島律子がやってきた。

律子は、実は喜一郎の元愛人。幼少期に虐待をうけて育った節子は、

律子を激しく憎悪していた。喜一郎の事故について、律子から罵声を浴びせられた節子は…。

 

濃密な人間関係のなかで、繰り広げられる愛憎劇の果てに待っていたものは、虐げられた女の逆襲である。

 

 

 

相武紗季が主人公 節子を演じ全裸に……

 

皆さんお楽しみの

コーナーです(笑)

 

今回これまでにない官能的なヒロインを演じる相武だが

なんと、ほぼ全裸で体当たりの演技を披露してくれている。

 

PR用ポスターを見た瞬間

【野生児みたい】

と言う程^^

134985

 

見ての通り【ほぼ】全裸です。

 

本人曰く

 

「ほぼ全裸で撮影しました。シーツでくるまってますが、バストトップを(素肌に貼る)インナーで隠し、

ショートパンツをはいただけ。

屈折した感情としなやかな強さを併せ持つ主人公を表現したかった」

 

との事。

 

やる気が感じ取れます。

 

出来ればもう少し

お披露目してほしかったですが(笑)

 

まぁー良いでしょう。

 

しかも、この写真からも分かるように

今回のドラマは不倫なども描いている為

複数の男性との

【ベットシーン】もあるとか。

 

これだけで視聴率が上がりそうですが^^

 

来年2月21日スタートの

「硝子の葦」

楽しみになって来ました。。

「硝子の葦」

 
 

スポンサードリンク

 

おまけ

 

さてさて

今回官能的な演技を披露する

相武紗季だが、私生活でも

官能的な生活を送っているのか?^^

 

気になります。

 

数年前に

TOKIOの長瀬智也との熱愛が発覚しましたが

破局。。。

 

img2d15d0d2zik7zj

 

その後

斎藤工と噂になりましたが

これは単なるドラマ共演からきた噂。

 

現在はフリーな感じですが

来年6月20日で30歳に。

 

「結婚できたらいいなと思う。ふらっと一人で海外に行くのが好きなので、そんな私に耐えられる人なら」

 

と理想の男性像を告白。

 

「でも、新しい仕事に興味が尽きないから結婚はまだ無理」と語る。

 

僕なら、相武がふらっと海外に行っても耐えられますがどうでしょう(笑)

 

兎にも角にも

仕事が充実している彼女。

 

今は、結婚より仕事。

 

そんな感じなのでしょうか。

 

 

 

====関連記事====

DAIGO 北川景子ドラマ共演が縁で熱愛!結婚も?【男性遍歴画像】 

安藤美姫 Twitter インスタグラムで彼氏との写真も公開!父親判明隠ぺいか???

小嶋陽菜がピーチジョンで過激な下着と水着に!?悶絶自撮りショットの【画像】一挙公開

深田恭子ヌード写真集発表!? 【ランジェリー 画像あり】

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

a
UA-50166622-2