みやぞんは韓国人で障害?とんねるず、 イッテQの動画で天然キャラ炸裂

この記事は3分で読めます

79eb11be8dc7743a79966afb513a8fd2

みやぞん

なんだか聞きなれない名前ですが
規格外の天然キャラで
【第2のウド鈴木】
と呼ばれている
ANZEN漫才のボケ担当・みやぞん

彼のことを調べていくと

韓国、障害、イッテQ・とんねるず

といったキーワードが出てくる
みやぞん

一体どういうことなのか?

今日は謎の多い
みやぞんについてお伝えしていきましょう。

     スポンサードリンク

みやぞん

スクリーンショット-2016-08-07-13.55.31

生年月日:1985年4月25日
本名:宮園大耕
出身地:東京都足立区
身長 :172cm
血液型:A型
所属:浅井企画

 

趣味がギターというみやぞん
どんな音楽でも一度聴けばすぐにその音楽を
ギターで弾くことが出来る
という特技の持ち主。

ギターをやったことがある人はわかると思いますが
一度聞いただけでギターを弾くって
なかなかできるもんじゃないです。

もっと違う道に進めばよかったのでは・・・・・(笑)

まぁーいいでしょう。

足立区で生まれたみやぞん
幼馴染の(あらぽん)こと
荒木祐と2009年11月に
コンビを結成

日本中にというよりは
まずは生まれ育った足立区で
有名になると決めた
ANZEN漫才の2人。

そんな想いから自主制作曲「足立区の歌」を作り
足立区CMグランプリに応募し見事
ユーモア賞、ハートフル賞を受賞。

ではここでそんな【足立区の歌】を。

泣けてきます・・・・・(笑)

で、これを聞いてなんとなく

どぶろっくに感じが似ているな?

なんて思った人もいたかと思いますが
ANZEN漫才の2人はどぶろっくの唯一無二の弟子であります。

どぶろっくの弟子だけあって
彼らも歌ネタを得意としています。

その歌ネタには定評があり
2013年(第1回)と2015年(第3回)の
歌ネタ王決定戦で準決勝に進出

2015年6月24日に行われた
お笑いバトルライブ『登猿門 グランドチャンピオン大会』では

「鬼ごっこすると鬼が原付」
「砂場の中から麻雀牌」
「家の玄関に金属バット」

【足立区の歌」で見事優勝

このまま一気に!!!って感じになりたいところですが
だまだ知名度が低い
ANZEN漫才

でも、ここ最近(みやぞん)の天然キャラ
開花しはじめ注目を集めているんです。

イッテQ・『とんねるずのみなさんのおかげでした』出演

anzenmanzai-miyazon-minaoka-1

なかなかこの二番組に出演する人って
いないと思いますが
(みやぞん)の天然キャラがうけ
両番組に出演。

~おかげでした。では天然のバカっぷりを見事発揮しております。

12:10頃出演しますけどマジバカで笑えます(笑)

ね、バカでしょ(笑)

みやぞん、かなりツボです^^

で、みやぞんがどれだけ天然のおバカキャラか
ちょっと武勇伝をまとめてみましょう。

スポンサードリンク

武勇伝?

友人の母親から『遠慮しないで食べて』と言われ
結果的に1ヶ月滞在してブチ切れされた

“Em”とかの(ギターの)コードは自分で開発したと思い込んでいた

『(遊)→遊撃手=ショートの意』の意味を知らず
“遊び心のある選手”と信じていた

などのおバカっぷり(笑)

この天然っぷりで
2016年下半期のブレイク芸人になるかもしれません。

障害?韓国人?

やっぱり気になるこのキーワード。

足立区生まれの生粋の日本人なのに
韓国人って?

思いましたが
みやぞんの顔が韓国人に似ているからって
お話し。。。。。

誰かがみやぞんを検索して

(あれっ?韓国人じゃね?)

となって(みやぞん韓国人)
ってなったおち。

じゃー障害は?

というお話ですが
これも韓国人と同じで

(こいつ、障害者っぽくね?)

そんな流れ。

まぁー確かに、そんな感じに見えなくも
ないですが彼は天然です(笑)

まとめ

個人的には、みやぞん
これから大ブレイクする予感が漂いますが
あなたは、いかがですか?

歌ネタで一発当てても
次が続かない芸人が多い中
みやぞんはなんといっても
あのキャラが素晴らしい!!(笑)

だって、ANZEN漫才っていうコンビ名で
漫才をやらないあたりイケてます^^

今後は恩人と語る先輩芸人・ウド鈴木を超え
リアクション芸人出川哲郎の後継者として
進んでいってもいいのではないでしょうか?

兎にも角にもこれからの
みやぞんの活躍に期待していきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

a
UA-50166622-2