菊池雄星が深津瑠美と結婚!気になる元彼は誰なんだ?

この記事は3分で読めます

rumi_fukatsu1

6日の朝、みなさんご存知の
菊池雄星投手がブログで結婚を報告しましたね!

この報道には正直驚きました。

ブログでは

「私事ですが、この度、かねてからお付き合いをさせていただいておりました
キャスターの深津瑠美さんと先月24日に入籍いたしましたので、
ファンの皆さまにこの場を借りてご報告いたします。
今私は、1日でも早く1軍への復帰をするため、日々調整をしています。
これからもライオンズの勝利に貢献するために、野球に専念し、
また、プライベートでは2人3脚、
力を合わせて歩んでいきたいと考えています。
これからも、温かいご声援をよろしくお願い致します」

と。

・・・深津瑠美???

(・・・だれだ???)

そんないま大注目の深津瑠美さんの

wikiは?
元カレは?

について紹介していきます。

     スポンサードリンク

◯wikiは?

rumi_fukatsu1

名前: 深津 瑠美(ふかつ るみ)

生年月日: 1986年6月24日(30歳)

出身地: 神奈川県

血液型: B型

特技: ヴァイオリン・声楽

所属事務所: キャスト・プラス

職業: フリーアナウンサー

 

出た出た!アナウンサーと野球選手。

アナウンサーは美人が多いし野球選手はお金があるし←
アナウンサーが野球選手に取材する機会が多いのはわかるけど、、ねえ(笑)

そんなことはどうでもよくて、

深津さんはフリーアナウンサーです!

一部では“美しすぎるアナウンサー”とまで言われております

(やるじゃん!菊池雄星!)

ちなみに大学はフェリス女学院大学で、
大学在学中は雑誌Rayの読者モデルをしていました。

フェリス女学院といえば
超超お嬢様学校!!!!

しかもミスフェリスに選ばれたんですよ!

お嬢様 of お嬢様

一般人は近づけません…
もう特技がヴァイオリンと声楽という時点でお嬢様ですね~

小学生の頃NHK東京児童合唱団に所属していたため声楽が特技なんだとか。
もっと有名になったら歌番組で歌ってほしいですね(^_^)

またモデル活動の他にモバHO!と夕刊フジが共同制作していた
『夕刊フジTV』のキャスターも務めていました。

大学卒業後は岡山放送(OHK)に入社(2009年4月)。

入社翌年に退職されました。

それ以降はフリーアナウンサーとしての活動をしています。

2010年4月~2011年9月まではTBSの
『ニュースバード』のキャスターを務め、
現在はNHK BS1にて『ワールドスポーツMLB』の
月曜~金曜のキャスターを務めています。

この『ワールドスポーツMLB』で
キャスターを務めている
深津瑠美さんの姿に
菊池雄星投手が一目ぼれ!

その後、2015年の11月に仕事関係者を交えた
食事会で交際に発展したと思われます。

そして2016年の3月には
菊池雄星投手のマンションで同居が始まっていたそうですよ、、。

(やるなあ、菊池雄星!)

20160328_kikuchi-560x373

深津さんはBS放送での出演が多いようですね!

好きな言葉は

“勝利に偶然はない”!

今回の勝利(結婚)は
偶然ではないようですね(笑)

スポンサードリンク

◯元カレは?

こんなに美人な深津さん!

多くの男性とお付き合いしていたんだろうな~
違う野球選手と交際していたのでは!?

と思い調べてみました!

が!!!、

全く情報がありませんでした、、、(´・ω・`)

これだけ美人なんですよ!?
絶対彼氏の1人や2人いてもおかしくない!!!
と思ったのですが情報ありません。。

あまり有名な方ではないため情報が少ないのかな…

でも、全くいないならそれで良いんだとは思いますけどね~

過去に

「人の痛みが分かるよう、心により添えるようなキャスターになりたい!」

と過去に言っていました。

菊池雄星投手幸せだなあ

まとめ

高校時代から注目され
将来の日本のエースとして
期待されていましたが
思うような結果が出ていない
菊池雄星

今回の結婚で【人生のよき伴侶】を
見つけたわけですから
何とか結果を出して頂きたいものです。

まぁーそれにしてもホントッ
プロ野球選手ってアナウンサーが好きですねーーーーー(笑)

正直ね、顔だけみたら
そんなイケメンではないですし
やっぱり・・・・・・

まぁーいいでしょう^^

兎にも角にも
今後、西武ライオンズを
背負って立つ男。

今回の結婚で
守るべきものが増えたわけですから
後半戦の巻き返しに期待しましょう!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

a
UA-50166622-2