東京都都知事選挙に小池百合子が立候補者に!初の女性都知事に期待!

この記事は3分で読めます

8c73b7646bc4bef383c37aa236a99135

舛添要一知事の辞職に伴い
次期都知事候補と噂されている
小池百合子

元防衛相として実績も申し分ないだけに
初の女性都知事誕生となるのでしょうか?

今日は次期都知事選挙立候補するとみられる
小池百合子氏について
お伝えしていきましょう。

     スポンサードリンク

小池百合子

8c73b7646bc4bef383c37aa236a99135

生年月日:1952年7月15日
出身地 :兵庫県芦屋市
関西学院大学社会学部中退
アメリカン大学カイロ校
カイロ大学社会学部
当選回数 9回(参議院1回、衆議院8回)

高級住宅街で知られる兵庫県芦屋市で育った彼女。

甲南女子中学校・高等学校を卒業し
関西学院大学社会学部に入学

しかし大学在学中に
「国際連合の公用語にアラビア語が加わる」という新聞記事をみて
彼女はここで一大決心。

なんと大学を中退してアラビア語通訳を目指す為に
1971年9月エジプトへ留学し
カイロ大学に進学した。

ただでさえカイロ大学に入学することは難しいのに
1976年10月、小池百合子はカイロ大学社会学部を
首席で卒業。

いやはや大したものです^^

でね見事カイロ大学を首席で卒業した彼女ですが
卒業記念にピラミッドに上り
着物を着てお茶を点てたことがあるという
武勇伝の持ち主(笑)

ピラミッドで着物

って、首席の考えることは一般人の僕には理解ができません^^

その後、カイロ大学を卒業した後はアラビア語の通訳として活動。

「カダフィ書記長、アラファトPLO議長会見」の
コーディネーター兼インタビュアーを務め、
その実力が評価されてテレビ東京ワールドビジネスサテライトの
初代メインキャスターに抜擢された。

そして
1992年の第16回参議院議員通常選挙に立候補。

比例区から出馬して参議院議員に初当選するわけですが
女版(坂本龍馬)は一味違います^^

参議院選挙の時に、複数の政党から立候補の誘いを受けていましたが

「政治を変えるには大きな中古車を修理するのではなく
小さくても新車の方がいい」

という理由で、前熊本県知事の細川護煕が結党した
日本新党から立候補をしたのです。

正直ね、自民党から立候補をすれば
アンパイだったのでしょうがそこは女版(坂本龍馬)
志が違います^^

その後

細川内閣で総務政務次官

小渕第2次改造内閣で経済企画政務次官

第1次小泉第2次改造内閣で環境大臣

第2次小泉改造内閣より内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策)

第1次安倍内閣では、内閣総理大臣補佐官

谷垣総裁の下自由民主党総務会長

という数々の総理大臣の下
政治家として活躍している
小池百合子。

ここまでの経歴をみると
東京都知事には小池百合子がなっても
申し分ない!!

ってところですが
ひとつネックなことがありまして・・・・・

スポンサードリンク

東京五輪組織委員会会長の森喜朗・元首相

 

e25368e5f242171adb0ed42a4c854223

 

この人が「大の小池嫌い」なんです。

東京五輪組織委員会会長の森喜朗
五輪開催地である東京都知事には、
自分がコントロールできる人物を置きたいと考えいて
「小池都知事」には反対の立場だそうで
この人が首を縦に振るかどうかが焦点です。

というか僕からすれば
未だにこの人が政界で幅を利かせていることじたい
意味がわかりませんがね。

この人が引退しない限り何も変わらない気がするのは
僕だけじゃないはずです・・・・・

嵐桜井翔の父親【桜井俊】が東京都知事候補に!事務次官を歴任した敏腕に期待!

まとめ

東京都知事選挙で立候補する
女性候補は「蓮舫」「小池百合子」「安藤優子」
と言われているなかで都知事に一番近いのは
小池百合子

だってね
当時、自民党が民主党に政権を奪われた時期があったのですが
この時に彼女は

「覚悟を決めて政権を取りに行く気合いを入れないといけない。
男性ならヒゲを生やすところだが、残念ながら生えないので、
髪の毛を切らないことにした」

と言って
1年2ヶ月もの間髪を切らなかったのです。

どうです、この気合。

まさに女版(坂本龍馬)です(笑)

この気合と覚悟が今の東京都知事には必要なのではないでしょうか。。。。。。

兎にも角にも
7月14日告示
7月31日投開票
が決定した東京都知事選挙

各党が誰を立候補者に充てるのか
頭の痛いところですが
これ以上(政治とカネ)で無駄な時間を
費やすのはやめていただきたいものですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

a
UA-50166622-2