2016年春のお彼岸はいつ?お供え物は何がいいの?

この記事は2分で読めます

photo

【お彼岸】

 

日本には春のお彼岸と、秋のお彼岸あります。

 

あなたはお墓参りにちゃんと行っていますか?

せめてお彼岸の時期くらいはご先祖様に手を合わせ

感謝の気持ちを伝えましょう。

 

では、

 

2016年の春のお彼岸はいつなのか?

お彼岸って?

お供え物は?

 

など、あなたの疑問を解決していきましょう!

     スポンサードリンク

 

2016年春のお彼岸

 

han0205-049-thumb-600xauto-144498

 

 

お彼岸は春、秋と年2回あります。

 

春のお彼岸は春分の日を【中日】として

中日前の3日、中日後の3日の計7日間がお彼岸となります。

 

秋のお彼岸は秋分の日を【中日】として

中日前の3日、中日後の3日の計7日間がお彼岸となります

 

今年のお彼岸2016年3月20日(日)が春分の日なので

3月17日~3月23日春のお彼岸になります。

 

では、お彼岸とはなんなのでしょうか?

 

 

お彼岸とは?

 

photo

 

お彼岸の日とされている春分の日秋分の日

太陽が真東から昇り真西へ沈む日になります。

 

これがどう意味かというと槃の世界を、「西方浄土」と呼ぶことがあるとおり、

阿弥陀仏の極楽浄土は「西」にあるとされています。

そのため、真西に太陽が沈む春分の日、秋分の日は夕日が極楽浄土への道しるべとなると考えられたのです。
この日沈む太陽が示す極楽浄土への道を「白道(びゃくどう)」といい、

仏の示してくれたこの白道を信じて進めば必ず極楽浄土に至ると言う信仰が生まれました。

 

つまり【お彼岸】とは、こちらから彼岸(「彼岸」とは仏教用語で「向こう岸」という意味)に近づき、先祖供養より修行がメイン。

 

 

 

ぼたもちとおはぎの違いは?

 

お彼岸の時期になると

よく聞く

 

「おはぎ」

 

3359cce03932055826074a3de5e23cd31

 

 

「ぼたもち」

 

e4beaf9ad444c55b48aa6a9a7c857663

 

いったい何が違うのか?って感じですが

この二つどちらも同じものです・・・・。

 

では、なんで呼び方が違うのかってところですが

 

春彼岸では、牡丹の花にみたてて「ぼた(牡丹)餅」といい

秋彼岸では、小豆餡の色を萩の花の色にみたてて「おはぎ(萩)」と呼びます。

 

つまりお彼岸に食べる「ぼたもち」「おはぎ」は花の名前が由来なんです。

 

スポンサードリンク

お供え物は?

 

お供え物に決まりは特にありません。

 

お花やお菓子、故人が生前好きだった物をお供えするのが

多く仏壇のある家ならろうそくやお線香などが一般的ではないでしょうか。

 

お供え物は「共に供する」という意味であり

お供え物を先祖様と分け合っていただくと供養になるといわれています。

 

いずれにしても、「気持ち」が大事ですので

感謝の気持ちを先祖様に伝えてあげましょう。

 

 

まとめ

 

「暑さ寒さも彼岸まで」

 

冬の厳しい寒さも春分の日(彼岸)まで

 

夏の暑さも秋分の日(彼岸)まで

 

とは良く言ったものです。

 

彼岸を迎えれば各地で桜が咲くころ。

 

きっとご先祖様も喜んでいることでしょう。

 

今年はいつもより強い感謝の気持ちをもって

お墓参りに行ってみてはいかがですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

a
UA-50166622-2