黒木渚は元市役所?過激な歌詞のルーツは?カップが大きって本当?

この記事は3分で読めます

at

黒木渚

 

あなたはこの人をご存知だろうか?

 

僕ですか?

初めて知りました(笑)

 

(行列のできる法律相談所)

 

に出演し、これからのブレイクが期待される実力シンガーなのである。

 

はたして彼女はどんな女性なのだろうか・・・・

     スポンサードリンク

 

黒木渚

 

 

生年月日:1986年4月16日

出身地 :宮崎県日向市

宮崎第一中学高等学校出身

福岡教育大学出身

 

大学卒業後、安定した職を求めて市役所に就職。

しかし、副業が禁止な市役所に音楽活動がバレてしまい

1年で退職。

 

2010年にバンドを結成

 

この時のバンド名は自らの名前を掲げた

”黒木渚”

 

福岡を拠点にライブ活動を行い2011年には

1stシングル「ハツ / ノーリーズン」を発表

 

2012年12月12日、処女作となる1st single 『あたしの心臓あげる』を九州限定でリリース

 

このタイトルからしてかなりのインパクトでどんな歌か興味ありますが、それがこれ。

 

 

独特の世界観があります。

 

 

2013年10月16日、2nd single『はさみ』をリリース

 

 

 

冷たいはさみ、背中に当てれば

何故だろう 火傷より熱い

 

この曲で桑田佳祐(59)に「現代にこんな歌詞をかけるやつがいる?」

と絶賛された。

 

この年の12月でバンドを解散。

 

2014年ソロ転向後初のワンマンライブ(革命がえし)を開催

2014年4月、ソロ始動後初の作品となるフル・アルバム『標本箱』をリリース

2015年1月21日、3rd Single「虎視眈々と淡々と」発売。

2015年6月10日、4th Single「君が私をダメにする」発売。

2015年10月7日、2nd Full Album「自由律」発売

 

2016年4月6日

(ふざんけな世界、ふざけろよ)販売予定

http://www.kurokinagisa.jp/2016/02/19/2421

 

『愛という言葉を使わないで愛を伝えたい』

 

という彼女だけあって、これが彼女なりの愛の表現ソングなのだろうが

どんな仕上がりになっているのか今から楽しみです!!

 

それにしてもこの表現というか独特の世界感は幼少期かなり辛い思いをしたの?

 

なんて勝手思っちゃいますがこれには

 

 

10代は中高一貫の寮

 

と、かなり厳しい進学高で育った彼女は外部との接触もほとんどなく18歳まで生きてきた影響があるみたいです・・・・・

 

高校卒業した時には自由にあることに適応するのに困ったそうです(笑)

 

その後大学に入学した時に女性教授と出会い文学にのめり込み

ポストモダニズムという近代の英米文学で、言語と人間とか歴史の繋がりを研究し

これが音楽と融合したそうです。

 

それにしても18年間外部との接触が無いって

普通の人では耐えられませんよね!

 

ちょっと僕とは感性が違いすぎます^^

スポンサードリンク

カップが大きい!!!!!!!

 

いきなり話題が変わってすみません(笑)

 

いやね。

 

以前に(しゃべくり007)に出演した時に

黒木さん胸の大きさが強調された服だったためしゃべくりメンバーのみならず視聴者からも注目が集まったわけですよ。

 

その時はネットでは

 

「ホントにおっぱい大きい!」「スタイル抜群だな」「生足も胸もエロすぎる」

といった声が続出。。

黒木のバストが映ったシーンはネット上にアップされ、多くの男性視聴者からプロポーションを絶賛するコメントが寄せられた。

 

見てみたいですか?

 

こちらです。。。。

 

4088-449-kuroki1511__250

 

tumblr_mruzuxw6Fx1qa6qfto1_500

 

17687_2_l

 

19767ca0ad286712419b933c18675733_400x400

 

 

確かに大きいです。

 

ちなみに推定Dカップと言われています。。。。

 

 

まとめ

 

いかがですか、このカップ。

すみません、間違えました(笑)

 

4月発売の

(ふざんけな世界、ふざけろよ)

でかなり注目されるであろう

黒木渚

 

最近甘い系シンガーが多かっただけに

個人的にもかなり注目しています。

 

くれぐれもプライベートで

ふざんけな!!!!!!

なんてことは言わないように^^

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

a
UA-50166622-2