スノーボーダー 岡本圭司 撮影中の事故で下半身不随に【嫁、子供は?】

この記事は3分で読めます

20090105201049

スノーボーダー 岡本圭司が 撮影中の事故で
下半身不随
になる事故を起こしていた。

 

一体

 

どんな事故だったのか?

岡本圭司とは?

奥さん、子供は?

 

 

今日はその辺をまとめてみましょう。

     スポンサードリンク

 

 

岡本圭司

 

20090105201049

 
生年月日:1982年2月20日
身長:170cm
体重:56kg
血液型:O型
ボード歴:7年
兵庫県神戸市出身

 

20歳からスノーボードを始めて

ASIAN OPEN7位や

NZ OPEN8位など

国際大会での実績を重た第一人者。

 

世界最高峰の大会である

「日産X-trail JAM」において日本人最高の5位、

そして最も会場にインパクトを与えた選手に贈られる

「MOST INPRESSIVE RIDER賞」を受賞。

 

スロープスタイルでは日本人トップの活躍を見せてきた。

 

その後後身の指導にも力を入れ

07年に地元トップライダーたちと

スノーボードチーム「HYWOD」を立ち上げた。

 

IMG_8754

 

 

ちなみにこの

「HYWOD」

 

 

ソチ五輪に出場し

8位入賞を果たした

 

角野友基選手が在籍しています。

 

角野友基

 

2010年6月9日

 

岡本純子さんと結婚。

 

 

f8ce0d3a384f6881d2effde1168d0d40_5

 

その後

ケイトちゃん、アオちゃんという
2人のお子さんが誕生。

 

59224df5bee80a679902eaf50a874f58d236d12e

 

 

本当に幸せそうな家族ッ!!

 

って感じがまた切なくなります・・・・・

 

 

下半身不随の事故。。。。。

 

運命の2月7日。

 

撮影中の事故で

下半身不随に。。。。。

 

どんな撮影をしていたかは

明らかになっていませんが

多分こんな撮影をしていたと

思われます。

 

 

見てるこっちが怖いです・・・・

 

岡田さんの場合は

バランスを崩し

道路に。。。。

 

そんな感じだったのでは

無いでしょうか?

 

確かに達成したときの

感動はあると思いますが

あまり無茶をすると今回のような

事故につながります。

 

でも、これはやった人ではないと

分からない感覚なのかもしれませんがね。。。。。

 

 

近況

 

事故のショックと

体の自由が効かない状態になった

岡本圭司

 

そんな彼が

自身のブログで

 

【報告】

 

と題して近況を告白した 。

 

~記事抜粋~

 

====================================

 

長らく更新出来ませんでしたが、

プロとして活動してきた以上、いつかは言わないといけないので、報告します。

 

2月7日の撮影中に事故起きて、

道路に転落、第3腰椎の骨折をはじめ、十数ヵ所骨折しました。

 

すぐにヘリで搬送されて緊急手術をして頂け

そのまま入院ということになりましたが

結果的には脊髄を損傷して、

下半身が動かなくなってしまいました。

 

今は絶対安静で首しか上げれない状態が続いていますが

神戸から妻が来てくれて、仲間が仕事を回してくれて、

なんとか生きています。

 

正直まだ書ける事は何もありません。

 

毎日、支えられながら絶望感や恐怖、不安と戦っています。

 

これからどうなっていくかはわかりませんが

たまにはブログも更新できればと思っています。

 

応援してくれたり、サポートしてくれてた

皆様には本当に申し訳ありません。

 

ただ、これからも諦めずに頑張って生きたいと思います。

 

抜粋以上

 

===================================

 

正直、僕には

この気持ちを理解することが出来ません。

 

だって、昨日まで元気だった自分が

突然下半身不随になったら

正直、こんなポジティブにいられる

自信はありません。

 

自分だったら。。。。

 

考えるのも怖いです。。。

 

スポンサードリンク

 

まとめ

 

どこまで回復するか

分かりませんが

【家族】と言う強い絆で

なんとか、この困難な状況を乗り越えて頂きたい。

 

3e92771d

 

本当に、そう願います。

 

本人が一番辛いでしょうが

せめて歩ける体に

もどって欲しいと願います。

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

a
UA-50166622-2