山本圭一 ライブ 当選倍率300倍!!どこでやるの?芸能界復帰宣言はホント!?

この記事は3分で読めます

a67560d801f5319b95b0bff32827f500

とうとう・・・
そんな感じではあります。

 

2006年から謹慎中のお笑いコンビ

「極楽とんぼ」の山本圭一

 

a67560d801f5319b95b0bff32827f500

 

が旧芸名「山本圭壱」名義で

19日に東京・下北沢駅前劇場でお笑いライブを開催する。

 

これを機に芸能界に復帰する事らしいが

一筋縄でいかないような気配も・・・・・

 

 

果たして彼がしでかした不祥事とは?

今後の活動は?

 

この辺についてまとめてみましょう。

     スポンサードリンク

 

やらかしてしまった不祥事とは?

 

野球好きな山本は

萩本欽一が設立した社会人野球チーム・茨城ゴールデンゴールズに所属

 

060211-iggvsmgg-01

 

2006年7月

遠征試合で訪れた北海道函館市で、未成年の少女と酒を飲んだうえ

暴行や淫行をしたとして警察から事情聴取を受けた

 

すぐに示談が成立したが

所属事務所の吉本は契約を解除。

 

山本は表舞台から姿を消した・・・・・

 

その後は

 

いろいろな資格の取得に励み、

ヘルパー、特殊小型船舶、小型船舶、フォークリフト、パワーショベル、

普通自動二輪、大型自動二輪、大型、

大型特殊、けん引、サーフィンのインストラクターを取得

 

 

今後の仕事に生かそうとしたのでしょうか・・・

スポンサードリンク

拠点と東京から宮崎に移した山本は

肉巻きおにぎり専門店「肉だわら」の広報担当として活躍

 

yamamotokeiichi

 

しかし会社が倒産してしまい

2013年には広島の鉄板焼き屋で働いている事を

相方の加藤が『FNS27時間テレビ 女子力全開2013 乙女の笑顔が明日をつくる!!』

の中で告白していた。

 

番組中に興奮した加藤は

 

「鉄板焼き屋の成功なんて望んでいませんよ!

 私はまだ(山本と)一緒にやりたいっていう気持ちがありますよ。

あれから7年、こっからあいつはね、お寺に入ろうとしています」

 

と明かし

 

「全国のみなさん! アイツを許してやってつかあさい! 長かった、長いな……」

 

と復帰を後押ししてくれるよう呼びかけた。

 

そしてお寺に修行?に行った山本は

ロンブー淳の婚姻届保証人に。

 

この時田村淳

 

『やれるかどうかわからないけど、1年間やる』

 

って言ってました」と近況を明かした。

 

0e2e0_97_c3a1a6ee_95dd00bd

 

しかし見事に3ヵ月で辞めました(笑)

 

その後お寺に出戻ったと噂される山本だが

まさかの「寺への女性連れ込み」が報じられた。

 

懲りない男です・・・・

 

もう芸能界復帰は完全にシャットアウト!!!

 

そんな風に思っていましたが

まさかの展開に・・・・

 

 

復帰ライブ開催!!

 

完全にクロで今後の展開に暗雲漂う気配でしたが

1月19日に東京・下北沢駅前劇場で

約8年半ぶりに芸能活動を再開する事が決定

 

バックに誰が付いているのでしょうか・・・・

 

その方が気になります^^

 

このライブ

 

席数は劇場側の要望で100席

申し込んだ人数は合計で約3万人で

なんと抽選倍率

 

300倍!!!

 

と言うのだから驚きです!

 

数字だけ見るとそれだけ

山本の復帰を待ち望んでいたファンが多かったって

事でしょうか・・・・

 

料金は設定されておらず

料金は客の判断に委ね、山本氏本人が終演後、

ロビーでざるを持って回収する。

 

果たしていくらお客さんは払うのでしょうか?

 

万が一1人一万円だとすると・・・・

 

良い話です^^

 

 

まとめ

 

突如湧いてきた

復帰ライブ。

 

もちろん、ここまでのプロンを練った黒幕が

いるのでしょうが「吉本興業」でない事は確か。

 

完全に吉本とは縁を切られた男ですから

もしかしたら「オフィース北野」

なんて憶測も飛んでいますが真相はわかりません。

 

いずれにしても

あの不祥事から9年。

 

ようやく芸能界に復帰することが出来た

山本。

 

復帰後初のテレビ出演は

【めちゃ×2 イケてるッ!】

 

mehhaja1

 

になるのか!?

気になりますが

くれぐれも【おんな】関係には気をつけて下さいね^^

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

a
UA-50166622-2